当社は、長年にわたって多種多様なコレットチャックを手がけてま        いりました。その経験に基づいてコレットチャックの精度を上げるた     めのノウハウを数多くもっております。 フリーの状態では常時開いていなければならないコレット、閉じて いなければならいコレット、形状変化のないコレット等によって各々 加工方法も変えなければなりません。 更に、引っ張りネジ部においては、ネジを研磨する事によって、より 精度を高めることができます。
工場内は、完全空調設備が整い、多数のターニング盤・ミーリング盤・ 内外径研磨盤・ネジ研削盤・平面研削盤等をそろえています。 特にネジ研削盤技術は長い経験を持ち、コレットチャックにネジ研削 工程を加えれば、非常に精度の高いコレットチャックができます。また 、ワイヤーカット技術と併用で、4角でも6角でも様々な異型のワーク に応じたコレットチャックの加工ができます。検査室は20℃に保たれ検 査設備も東京精密製3次元測定機、東京精密製形状測定機、投 影測定機等を取り揃えて万全を期しています。

 

  コレットチャックは、多軸自動盤・自動盤・専用機・歯切盤NCロボット、自動供給装置にと近年益々用途の広がりを見せておりますが、   

  一面コレットチャックは、製造も難しく、納期・精度・耐久性等の様々な問題点を抱えているのも事実です。

  当社では、長年コレットチャックを製造致しており、図面1枚頂ければお客様のご要望に添う品質・納期・価格でご相談に応じます。

  又、コレットチャックは単体だけではなく当社長年にわたるネジ研削技術やワイヤーカットを駆使して、ワーク把握時に歪みのない高精度

  なコレットチャックユニットも製造致します。

  必ずユーザーの皆様に、ご満足いただけるものと確信致しております。